調べてみよう!電子書籍でできることとは?

本に出てくる言葉を検索したり、文字の大きさを変えられる

電子書籍は紙の本と比べてかさばらないところが便利だとよくいわれます。では、実際に読む上でどういった利点があるのでしょうか。まず、挙げられるのが検索機能でしょう。特定のキーワードを入力し、そのキーワードが出現するページを調べたり、あるいは本の中にある単語を指定して、電子書籍端末に内蔵されている辞書で意味を調べるといったことが可能です。国語辞書だけではなく、英語辞書も内蔵端末を使えば、英語の本を読むのにも便利です。
文字の大きさを変えられるのも、紙の本ではあり得ない機能といえます。電子書籍と聞くと若い人向けという印象を持つ人も多いかもしれませんが、視力が落ちた高齢者でも簡単に読みやすくできるという点で、高齢者こそ積極的に電子書籍を読むべきといえるかもしれません。

image

バックライト内蔵端末を使えば暗闇でも本が読める


バックライトが内蔵されている端末で読めば、暗闇の中でも本を読むこともできます。紙の本でも近くにライトがあれば可能ですが、暗い野外など、ライトを用意できない場所で本を読みたいときにはありがたい昨日といえるでしょう。
紙の本ではできることが電子書籍ではどうなのかといった部分では、たとえば、付箋を貼ったり、アンダーラインを引くといったことは端末によっては可能です。電子書籍の場合だと、ページに書き込んだことがいつまで残る紙の本と違い、簡単に消すことができるというメリットがあります。また、しおり機能も当然あり、複数の本に複数のしおりをはさむことができるので、ずっと以前に途中まで読んだ本を久々に開くという場合に便利です。