そもそも電子書籍って?電子書籍に関する知識をおさらい!

電子書籍とはどんなものか

電子書籍とは、紙の本を発行を担当した出版社が著者から電子化の許諾を得られた作品を電子化し、自社・他社の電子書店にて販売されている物質ではない電子商品です。なお、電子雑誌や出版社の自社編集本に関しては著者への許諾が必要ないので、紙の雑誌や本を電子化して販売するかどうかは出版社側が基本的に独断で判断することが出来ます。なお、書籍商品に関して基本的には画像ファイルではないので、作品内の文字を検索できたりするのが特長です。ただし電子雑誌・コミックや、ページを丸ごとスキャンする形で国(国立国会図書館)が作成した古書系電子版ファイルに関しては画像ファイルのため、文字検索をすることはできません。その他、テキスト系電子書籍はファイルサイズが小さいものの画像系電子書籍はファイルサイズが大きいのも特徴です。

image

電子書籍の買い方について


ゲームソフトを単品購入してもハードがないとプレーはできませんが、電子書籍を買って読むには必ずしも専用端末まで買う必要はありません。具体的には現代人の大半の人が持っているスマートフォンに、電子書店側が用意している読書するためのアプリをダウンロードすれば、それだけでも今すぐに電子書籍ライフを始めることが出来ます。なお、現在の日本の大手電子書店2サイトはいずれも国民の大半が会員登録済みでIDを持っているモール系電子書店です。そのため、大手2大電子書店のいずれかで買う場合はモールのIDを持っていれば新たに電子書店に対して会員登録をしたりパスワードを決めたりする作業は必要ありません。ただし、電子雑誌や電子コミックをたくさん読みたい場合は、カラー画面の液晶タブレットが必要になりますが、国内最大手の電子書店ではカラー液晶タブレットも格安で販売されていて読書用タブレットも買いやすい状況となっています。